Nihongami日本髪

  • HOME
  • 新日本髪(高島田)特別講習 
 

第3期 新日本髪(高島田)特別講習 イン 横浜のお知らせ

昨年、関西地区で好評を得た高島田の新日本髪技法の3回講習を横浜で行います。
この機会に学んでみませんか?

今、ブライダルで求められるものとは?

かつらではなく地毛で結いあげる!!

今、和装が見直される時代になり、しかも本物志向が注目を浴びています。
そんな中で、和装でもリアル感を追及し、かつらではなく、地髪で結う高島田を提案できる事は
美容師として重要なスキルの一つになりつつあります。

長永会では特に新日本髪技法に力を入れており、故 信竜淳二(のぶりゅう・じゅんじ)先生から受け継いだ技術を消滅する事なく後進に伝えていかねばならない。と考えており、日々努力しております。今回、本 長永 会長が長年研究してきた高島田という、現在では婚礼のかつらでしか見る事が無くなった髪型を3回コースでお教えするという企画です。美容師として活動の幅を広げたい方、ヘアーメイクとしてブライダルの現場で高単価メニューを提供できるようになりたい方には価値あるレッスンだと思います。

講習会参加をするに前に知って頂きたい事があります!

高島田の新日本髪技法と従来の日本髪技法との違い

従来の日本髪新日本髪の違いは、まず鬢付け油と元結、毛たぼで基本作り上げて行く日本髪に対して、新日本髪は、鬢付け油を使用せず、従来のアップスタイル技法でスタイルを作って行きます。もちろん、従来の日本髪で高島田を結えば江戸時代さながらのリアル感溢れるスタイルになりますが、欠点は鬢付け油を使用している為、スタイルチェンジはできないという事、油を落とす後処理が面倒等、現代のブライダルの現場においては、拘った花嫁さん以外は、難点も出てきます。

写真は全て新日本髪技法で結った高島田です。一般の方は勿論、美容師の方でもどちらで結ったか?見分ける事ができないと思います。これは師匠である信竜淳二先生直伝の新日本髪の基本がずば抜けて完成度が高い事に起因するのですが・・・長永会の新日本髪技法の高島田は、かつら以上に完成度の高い仕上がりになるのが特徴です!!

受講に関してご了承頂きたい事柄について

横浜特別会場YOKOHAMA

第3期 新日本髪(高島田)特別講習3回コース in Yokohama
日時 4月9日(火) 5月14日(火) 6月11日(火) AM11:00~PM5:00
講習費 ¥43,200 元結、根飾り等必要教材費別途
場所 美容室boogie
お振込先 三菱東京UFJ銀行  梅田支店     普通口座  4677124 アーニ・マーニ・プランニング
締切日 平成31年4月5日
お問い合わせ先 長永会事務局 06ー6329-5272 もしくはお問い合わせフォームよりお願い致します

お申し込みはこちらのフォームから
今回会場は横浜会場のみになります

お申し込みフォーム